固定買取期間満了を迎える皆様へ

電気は”売る”から

蓄電池にためて”使う”

2009年から開始された固定買取制度(FIT)で、太陽光発電を高く売電できた期間が2019年以降順次終了するため、各家庭では対策が必要になっています

10Kw未満の太陽光発電設備における固定買取期間は10年。2019年より順次終了し、48円だった買取価格は10円以下になりました。これは電力会社から買う電気の価格よりも格段に安い設定です。

卒FITのお話なら

Lifeコーポレーションにお任せください!

買取期間が終了したら、売電価格が下がって電気料金のほうが高くなるから売っても損になる可能性があります。

卒FIT後の対策は大きく3つあります。

①現状維持(売電を続ける)

電気買取業者との契約をすれば設備はそのまま使えるので

売電は続けられます。

​買取単価は10円/Kw以下が相場です。

②仮想蓄電サービスを利用する。

余剰電力をサービス提供会社が一時的に預かり必要な時に利用できるサービスです

売電よりもお得になるケースもありますが、利用手数料が必要なケースがあります。

また、預けられる電力に上限もあったり電気料金プランも限られることもあるので、ご家庭の生活スタイルに合っているかの確認が必要です。

​㊟蓄電池が設置される訳ではありません・・・

​③蓄電池に電気を貯める

蓄電池を導入すれば、昼間余った電気を売らずに貯めておけます、夜間は割安な電気を貯めておくことができるから電気代を減らせてお得です!

長期的に経済的な選択です。
停電発生時には蓄電池に充電しておけば電気が使えてとても助かります。

Lifeコーポレーションがお客様のニーズに合わせたご提案をさせて頂きます。

​お気軽にお問い合わせください。

Lifeコーポレーション 蓄電池ラインアップ

オムロン

フレキシブル蓄電システム
​簡単後付けでコストを抑えて

発電を有効活用
すでに太陽光発電システム導入済の住宅にも後付けで設置可能。

小型サイズのため、場所を選ばずわずかなスペースにも設置可能。
6.5Kwhタイプか9.8Kwhタイプがあります。

​メーカー製品ページはこちら

 



 

HUAWEI
ハイブリッド型 蓄電システム


全負荷・特定負荷、どちらにも対応

蓄電池容量と実行容量が同一

蓄電池ユニットの増設が可能

3.5時間でフル充電
​5Kwh・10Kwh・15Kwhがあります。
太陽光発電と合わせてお考えの方
​、卒FITを迎えられた方にお勧めの商品です。

​メーカーの商品ページはこちら

 



 

不動産マッチングサイト みんなのおうち
太陽光発電用地.com
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
不動産・太陽光に関するお問合せ
Lifeコーポレーション株式会社 お問合せ